女性

ほくろの除去の申し込み【綺麗な仕上がりになる】

クリニックでの治療法

看護師

治療法は沢山あります

ほくろは顔の印象を左右するもので、もしマイナスイメージを感じているのであれば、美容整形外科でほくろを除去することができますので、クリニックで相談してみましょう。美容整形外科施術では様々な方法でほくろを除去うすることが出来ますので実際に施術を申し込む前に、どのような方法があるのかを調べてから申し込みを行うと失敗がありません。申込を行う前には、色々なクリニックのほくろの除去法や治療法を調べ、カウンセリングをしてから決めるとよいでしょう。カウンセリングでは実際にほくろの状態を観察し、一番よい除去法を提案してくれますので、師の話をよく聞き、もしわからないことなどがあればその場で質問することも出来ます。実際に除去された方の症例写真や、除去後の皮膚の様子なども写真で見せてくれるクリニックもありますので、もし症例写真などがあれば見せてもらうとよいでしょう。カウンセリングを受けてみて、このクリニックなら安心して任せることが出来ると思うことができたのであれば、手術の申込を行っても良いでしょう。もし不安があるのであれば、別のクリニックのカウンセリングを受けてみてから、最終的な判断を行います。ほとんどのクリニックではカウンセリングは無料で受けられるところが多いので、無料カウンセリングをいくつかのクリニックで受けてみてから決めるという方法もあります。いよいよ手術をすることが決まったら、手術申込書に必要事項の記入と捺印を押さなければなりません。未成年者の場合は保護者の同意も必要となりますので、必ず保護者同意を得てから申し込むようにしましょう。また申込時にはどのような手術方法を行うのか、金額についても確認する必要があります。ほくろ除去手術には様々な方法がありますので、自分のほくろはどのような治療法が一番適しているのかを医師に確認しておきましょう。5ミリ以上の大きなほくろを除去する場合は、切除縫合法を行いますが、線状の傷が多少残ってしまうのがデメリットです。しかしこの方法はほくろの組織を完全に切り取ることができますので、再発しないというメリットがありますので、大きなものや根が深いものはこの方法が一番適しているでしょう。小さなものであればくり抜き法という方法があり、形状にそって皮膚をくりぬくことができますので、根の深い部分まで組織を切り取ることができます。しかし傷が深くなるため、ケロイド化することもありますし、治るのに時間がかかりますので、大きめのものには適していません。炭酸ガスレーザーは、盛り上がった形状のものに適した治療法で、組織をレーザーで焼き切る方法です。血が出にくく回復時間も早いというメリットがありますが、皮膚組織が取れないため、良性のものしか治療することができません。電気分解法は特殊高周波を利用した電気エネルギーを当てて、組織を蒸散させていく治療方法です。削り方が浅いと再発する恐れがありますので、5ミリからミリ程度のものであれば、綺麗に除去することができます。美容整形外科ではほくろの状態に合わせて適切な除去法を行うことが出来、皮膚科に比べると見た目の仕上がりを重視してくれますので、綺麗に処置してくれることでしょう。また美容整形外科によっては除去するための医療用機材に違いがありますので、一番適した治療法を受けられるクリニックを探すことがとても重要です。