女性

ほくろの除去の申し込み【綺麗な仕上がりになる】

レーザー治療がメイン

顔を触る人

施術後のケアが重要

ほくろは目立つ位置にあると本人にとってはとても気になる存在となるために除去したくなる人が多いようですが、ほくろ除去は想像しているよりも簡単に行えます。施術の仕方は小さなものであればレーザー治療がメインとなるために、痛みも少なく副作用もほとんどありません。レーザー治療は水に反応をする作用を利用して行う治療法ですが、人間の肌にはたくさんの水分が含まれているために、レーザーを当てた部位で水と反応を起こし、その部位の皮膚に軽いやけどを起こして除去します。この方法はいくつかのほくろに同時に行うことも可能なので、気になるところが何か所かある場合には同時に施術を受けられます。施術を受ける前には診察があるので、そこで治療法を決めますが、小さなものであればレーザー治療が選択されることが多いようです。今はクリニックによってレーザー治療にもいくつかの種類があるところが多いので、それぞれの特徴を調べておくと、治療の際に質問をしやすくなります。また同じようなレーザー治療でも価格に差があるので、疑問に思う時には施術前に確認をしておくと良いでしょう。注意点としては、どのような方法であってもレーザーを当てることには変わりないために、皮膚の状態が落ち着くまでは紫外線対策をしっかりと行う必要があることです。そのため施術を受けた後は、該当部位の皮膚の状態が落ち着くまでは、いつも使っているメイク用品が使えないこともあります。治療部位だけを避けて使えば大丈夫ですが、施術後すぐから使えるファンデーションもあるので興味のある人は利用してみると良いでしょう。ほくろ除去は短時間で終わる治療法ですし、場合によって多少の痛みがある程度で、大きな負担はない治療法です。しかし気をつけておかなくてはいけないのは、治療の後の紫外線対策が非常に重要だということです。皮膚にレーザーを当てているために、その部位は火傷をしている状態になっていることがあり、ジュクジュクとした皮膚の状態になることもあります。そのため皮膚が再生されて通常の状態に戻るまでは、徹底的に紫外線を避けなくてはいけません。皮膚の表面には紫外線から肌を守る機能がありますが、その機能が失われてしまっているために、紫外線を浴びるとダイレクトに影響を受けてしまいます。通常の状態よりも紫外線を強く感じる状態になっているので、専用のテープを使って保護をして、紫外線吸収剤の入っていないタイプの日焼け止めを塗っておきましょう。日焼け止めは紫外線吸収剤が入っているものが多いのですが、刺激が強くなってしまうため、紫外線吸収剤の入っていないものを探しておきます。自然派の化粧品や赤ちゃん用の日焼け止めには紫外線吸収剤の入っていない商品があります。さらに、日焼け止めだけでなく帽子やストール、日傘なども併用して紫外線を浴びないように気をつけて過ごすようにします。ほくろ除去を行っている美容整形外科はたくさんありますが、紫外線のケアなどアフターケアまでしっかりと行っているところを選ぶことが大切です。ほくろの除去は施術自体は難しくありませんが、施術後にトラブルが起こることがあり、その際にアフターケアがないと自分だけでケアをしなくてはいけなくなるからです。